カテゴリ:nodeq( 7 )
勉強中…
引き続き、新しい文章の掲載をしました。

こちらは時間があれば更新して、内容を増やしていこうと思っています。
日々、勉強できたら…

詩集『プレパラート』
未完成の詩集。まだ三つの詩しか載せていません。

『タラヨウ日記』

タラヨウとは、ハガキの元になった木のことです。ハガキに収まるくらいの短い物語を
書き連ねています。大分昔に書いたものばかりですが、昨日新しい話を追加して
今は十編のお話があります。



                    小説の挿絵↓

e0127169_2231751.jpg

[PR]
by luce_di_viola | 2015-06-04 02:40 | nodeq
こっそりと
昔書いた小説に、挿絵を付け直して他のサイトに載せはじめました。

新しい作品が増えることはあまりなさそうなのですが、
文字を使うのも頭や想像力にいいのかもと思い…
いつものブログに載せる勇気がないので(笑)
こちらにひっそりとリンクを貼らせていただきます…


『カーニバル』
美術を(本格的に)やっている友人の立体作品から浮んだお話です。
かってにイメージ画を描いちゃってすみません…
季節は冬の終わりのお話です。

『ひび』
喫茶店でのおはなし。主人公は、お花です。

『こいびと』
熱海に旅行に行く話です。熱海にいたところまでは、実話なんです。


どれも、5分程度で読めるものです。これからもみじかいお話を
こんな風に乗せていこうと思います…
人と待ち合わせて、待っている間の時間にちょっと読む、くらいの長さのものが
理想かもしれません…


あまり動きのないブログを見てくださり、ありがとうございます!!
絵のほうも頑張りたいと思います。




[PR]
by luce_di_viola | 2015-06-01 15:26 | nodeq
「blue look」の絵


e0127169_14155834.jpg



初めて油絵を描きました。
まだ要領を得ないのですが、楽しみながら
やっています。

アートメーターで、こちらの絵を販売しています。

前の記事にある、ルックを青く描きました。

見ていただけたら嬉しいです。


また、ハンドメイドな小物を販売できるクリーマさんというサイトでも、
登録だけしました。小さな絵と、トイリングを販売できたらと思います。

クリーマ nodeqのページ

ちゃんと販売できたら、また報告させていただきます。


もし問い合わせやコメントがあれば、下記のメインのブログにお願いいたします。
以前コメントをいただいた方、長い間そのままにしていて申し訳ありませんでした。
そのうち、メンバーそれぞれがきちんとやり取りできる方法を作っていく予定です。

nodeq
メインのブログ(コメントなどはこちらにお願いいたします)
Night Flight's kettle

サブなブログ(ちょっとスピリチュアルなことを描いています)
ソーダ水の夏

絵を販売するサイト(絵を拡大して見られます)
アートメーター

無料で色々できるサイト(デジタル画の注文を受け付けています)
ココナラ
登録しないと見られないかも。登録はこちらから



よろしくお願いいたします。

by nodeq


[PR]
by luce_di_viola | 2014-10-06 14:27 | nodeq
五月の味
晴れた天気に誘われて散歩にでかける。連休に遠出はたくさんの人に混じってしまうから、行きつけの喫茶店に向かう。私の住んでいるところは都心の込み入った住宅地の中で、直角の少ない曲がり角がおおい複雑な網目模様の道を気ままに曲がりながら歩くと突然小さな商店街に出くわす、そんなところだった。まっすぐに向かってもつまらないので、曲がり角でいちいちとまって、目を引かれる植物のあるほうに曲がるようにして遠回りをしていると、ふと足音がするのに気がついた。
それは大人のそれではなく、小さな子供の柔らかいスニーカーの足音で、私の足音の半分のリズムを刻んでいるように思えた。しかも私が止まれば音も止み、私が道端の何かに目を向けて立ち止まるとちょっと先で音はまた止む。まるで小さな子がまとわりついているような気がした。
通りには人はいないので、それは私の空耳ということにしてようやく喫茶店の方に向かう小道に出ると、道路わきのつつじが満開に咲いていた。新緑の葉に濃いピンクのつつじがコントラストをなしている。一瞬、太陽に雲がかかって光量が減ると、色の対比はますます鮮やかになって私はめまいを覚えてまた立ち止まった。
ふ、と空気が動いてすぐ足元に、つつじの花が落ちているのを見つけた。さっきまではなかったのに。そっと拾い上げると、自分が小学生だった頃につつじの花の元を吸うと甘い蜜の味がすると同じように花を摘んだことを思い出した。
喫茶店は店内が満席だったので、テラスに座って珈琲を注文した。ここからでも、近くの家の塀の穴からはみ出たつつじの花が見えた。私は水を一口飲んでから、先ほどのつつじの花をコップに落とした。
「きれいに咲いてますね」
店長の女の人がそういいながら珈琲を持ってきた。
「いま、小さめのケーキは何かありますか」
「フルーツのタルトがありますよ」
「じゃあ、それを半分に切ってもらえますか」
店長はすぐに半分に切ったケーキを二つのお皿に分けて持ってきてくれた。
私は向かいの席に先ほどのコップとケーキを置いて、それからもうひとつのケーキを食べた。
食べ終わると、店内から数人の学生らしい集団が4人出てきて私の横を通った。
テーブルに目を戻すと、さきほどコップにいれたつつじとケーキはなくなっていた。
「もう、五月になるんですね」会計に行くと店長がいった。
「そうですね、もう…」
外を見ると向こうのつつじが揺れている。猫でもいるのか、それとも見えない五月だったのか。私はつつじの蜜の味の混じったような、青くて新鮮な五月の空気を吸って、また網の目の新緑の小道に一歩踏み出した。

by nodeq

e0127169_462724.jpg

[PR]
by luce_di_viola | 2012-04-30 04:41 | nodeq
「せかい」
-あるおじいさんの話-
 くらい部屋に、蝋燭の明かりだけがともっている。天井のコウモリがかすかに異議を申し立てるように揺らいで何か騒いだ。机に向かい、老人は長い長い書物を今書き終えようとしているところだった。老人の生涯の全てをささげた作品は、さらさらと音を立てて文字となりこの世界に生れ落ちようとしていた。部屋の中は暗く、全てものが内包されたように静かで広く、どこに壁やドアがあるのかもわからなかった。そこにいる老人ですらどうやってその部屋に来たのかも覚えていないほど長い時間が経過していた。
「さて」
 か細い蝋燭の明かりの中で、老人は何かを思い出そうとしていた。永い時間が経った。老人はひとつため息をついてその大事業を終えるための小さな終止符をその書物にポツリと落とした。絶え間なく続いていたペンの音が途絶えると、老人は演奏が終わった後の指揮者のように席から立ち上がってお辞儀をした。年老いた指先は喜びに細かく震えていた。沈黙の中で、老人は拍手喝采を浴びているように両手を広げ、耳を澄ませた。
 それからしばらくすると、ゆっくりと、惚けたように彼はまた椅子に腰を下ろした。その目からは、もはや先ほどまであったような目の輝きは消えていた。じり、と炎がゆれて蝋燭が消えた。すぐさま、老人の手は長年の習慣によってマッチを擦って新しい蝋燭に火をつけた。そして、今初めて見たように目の前の書物を手に取ると、金色の縁の眼鏡を掛け、一番初めの頁から読み始めた。読んだ傍から文字は銀色に輝いて、空中につるりと浮き上がっては消えていった。
 そんなことには何も気がつかず、老人は長い長い書物の頁を飽きることなく繰り始めた。

それから、百年が経った。

 一人の少年が、草原で長い長い本を読んでいた。そこには世界のあらゆる話が書いてあり、少年はその最後の話を読み終えるところだった。時は真昼近くであった。少年はいつからその本を読んでいるのか、まったく覚えていなかった。太陽は張り付いたように少年の真上にあった。さわやかな風が草原を撫でていく。少年の鼻は辺りに満ちた草原の匂いを嗅ぎつけてひくひくと動いた。まったくのいい天気としか言い様のない日だった。
 鳥が鳴く。頭上に何かの声がして、少年はやっと本を読み終えた。そして、賢そうな眼をくりくりさせて鳥にささやいた。
「ぼく、何でも知っているんだ」
 鳥は、その言葉を理解したように、また、はぐらかす様に首をかしげると、鳴きながら飛んでいってしまった。少年はそれを追いかけて走り始めた。今読み終えたばかりの小説の始まりとまったく同じように、少年と鳥は丘を越えて見えなくなっていった。
 草原の上には風が吹き、本の頁をいたずらにめくっていた。その本には、まだ何も書かれていなかった。


e0127169_3394653.jpg

by nodeq

[PR]
by luce_di_viola | 2012-04-24 03:40 | nodeq
いつかのとき



丁度一年前のことだった。
仕事で月曜の早朝に実家の近くまで行くことになったので、土日を実家で過ごそうと思って連絡をとったら、両親はS県に住む一人暮らしの祖父の様子を見に行くと言った。結局私は誰もいない実家に泊まることにした。土曜日の午前中に訪れると、マンションの部屋はすでにがらんとしていた。
その週は仕事が立て込み、夜もあまり寝ていなかった。冷蔵庫にあったもので適当に昼食を済ませると外の天気は曇りだし、私はソファに横になると眠くなった。
気がつくと日が暮れていて、部屋は暗くなっていた。マンションの14階の部屋は外の音がほとんどしない。ベランダに出ると、都心の煙たい空気ではない新緑のなんともいえない香がした。ベランダからは何棟もの同じ形のマンションが並び、カーテン越しのさまざまな色の明かりがモザイク模様を作っている。中学の同級生たちの家もあるはずなのだが、まったく思い出せなかった。


e0127169_4162286.jpg


More
[PR]
by luce_di_viola | 2012-04-17 04:27 | nodeq
逃した本
本屋に行くと、なぜだか閉まっていた。休日なんて今まであることすら知らなかった、と思ってシャッターを見ていたら「本日はお休みさせていただきます」と張り紙があった。欲しい本は今日買わなくてはいけないものでもなかったので、帰ろうと思うと本屋と隣の建物の脇の細い隙間から、ねずみが顔を出していた。それだけならすぐに帰っていたのだが、ねずみは口に小さな紙を加えていたので、私はついそのまま息をこらしてそっとしゃがんだ。すると、ねずみは確かにこちらを見ているようで、二、三歩後ずさったが、普通のねずみのようには逃げない。なんだか向こうに意図を感じて、私はわざと身を乗り出した。
e0127169_16513475.jpg


More...
[PR]
by luce_di_viola | 2012-04-15 03:42 | nodeq



Fotografia e romanzo     <写真と小説>
by poor pear's peel
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
Temp's
news
nodeq
penta
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
フォロー中のブログ
Bateau de Te...
「定本青猫」 檜山美穂版
LaLaLa La Me...
安世マキ illust...
Night Flight...
Poor Pear's Peel
nodeq
イラスト(広報担当)

penta
写真・立体

sakset
小物

KH
小説

四人のグループです。
コメント欄は閉じております

ご連絡はnodeqのブログへ
コメント頂くか、

http://nightfligh.exblog.jp/

エキサイトでアドレスを
作ってありますので、
ブログ内容に関しての
お問い合わせはこちらに
お願いいたします。

Eric-aceae@excite.co.jp
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧